企業や学校には多くのカウンセラーが在籍しています。

カウンセリングを受けている様子

ヒーリング方法

方角の吉凶を鑑定してアドバイスも行ってくれます。

風水は古代中国から伝わる思想の一種で、建物の立地やインテリアの向きなど、方角の吉凶を鑑定して改善するものとなります。日本にもその思想が根付いていて、神棚の向きは南向きが良い、北枕は良くないのでベッドの向きを変える、などの行動をすることがあります。 住宅や家族に災難が立て続けに起きた時には、風水の思考に基づいて住環境を変えることも大切です。風水の鑑定家の中には、実際に相談者が住む場所で訪問鑑定を行い、改善すべき点をアドバイスしてくれる方も存在します。住んでいる人が無意識に感じている居心地の悪さの原因を発見して、ヒーリング効果を持つ居住空間に変えてくれるため、鑑定を受けてからは住宅の住みやすさが格段に向上します。

考え方に縛られるのではなく、生活の一部に自然に取り入れています。

日本の風水の考え方は陰陽道と混じり合い、独自の発展を遂げてきました。本場中国では、行ってはならない方角には絶対に行かないという風水に縛られた考え方がありますが、日本はそういった縛りがなく、風水に関するグッズをヒーリング効果を持ったラッキーアイテムのように、生活の一部に取り入れたりします。 最近では、有名風水家がデザインした財布やヒーリンググッズが通販で販売されており、人気を集めています。玄関に飾って悪い運気を跳ね返す鏡、おしゃれに盛り塩をして運気アップを目指す小皿、金運の上がる財布など、見た目もおしゃれで普段の生活に取り入れやすいグッズがよく売れています。淡い色を基調として、見ているだけでヒーリング効果を持つものが日本人には好まれています。