企業や学校には多くのカウンセラーが在籍しています。

カウンセリングを受けている様子

催眠療法を行なう

ヒプノセラピーとはどんなものなのか

ヒプノセラピーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 最近ネットの口コミやテレビなどでも取り上げ出され、話題となっている最新の心理学的療法です。 ヒプノセラピーとは日本語で訳すと催眠療法と訳され、カウンセリングなどと似た手法により人間を一種の催眠状態に至らせ、それを利用して問題の解決や心身の健康を目指す療法です。 人間には意図的にものを考え、行動する顕在意識と、自覚のないままに行動や思考を行う潜在意識が存在しており、脳内における意識領域の内、潜在意識は顕在意識の実に9倍もの領域を占めているといわれています。 催眠療法はこの顕在意識と潜在意識が入り混じった状態を意図的に起こすことを利用します。 顕在意識が無くなるわけではないので、知らないうちになにか変なことをさせられていた、というようなことはありません。

催眠療法の効能と注意点

ヒプノセラピーは、潜在意識を呼び起こすための訓練を積んだセラピストと対話を通じて行います。 セラピストは対象者の潜在意識のなかに存在している、本人は自覚していない記憶や願望を引き出し、それを対象者自身に認識させる補助をします。 また、さまざまな心理療法の手法を用いて、潜在意識のなかに眠る問題や悩みの原因を探り、解決するための手助けも行ないます。 そうすることで、本来は潜在意識のなかに眠らされていて本人が気づいてもいなかった本当に悩んでいることや願望などを知ることができ、対象者本来の姿を取り戻せることができます。 この療法のポイントは、セラピストが強制して問題を解消するのではなく、本人が自分自身の力で解決に向けて行動する所にあります。 ヒプノセラピーはこのように、悩みや問題を抱えている人の自分のなかに眠る記憶や本当の思いを呼び起こして改善へと導いてくれる新たな療法なのです。